学校紹介School introduction

ご挨拶

依藤 史郎

豊かな人間性を培い、
人々の健康に寄与する専門職業人を育成します。

関西労災看護専門学校 学校長依藤 史郎

本校では、人間性が豊かで高度な専門知識を修得した看護師を育成することを目標にして、看護教育に取り組んでいます。本校は昭和48年に開学し、平成28年度44期生を迎えました。この間、1246名の卒業生を社会に送り出しています。

労災病院で働く看護師の育成を使命とする本校の特色として「勤労者医療」に関する学習があげられます。卒業生は関西労災病院をはじめ各労災病院ならびに地域の医療・保健施設で活躍しております。


教育理念・目的

教育理念

本校は、独立行政法人労働者健康安全機構の使命に基づき、
人間愛と生命に対する尊厳を基盤とした豊かな人間性を培い、
社会に貢献できる看護の実践者として、
生涯成長し続ける人材の育成を目指す。

教育目的

本校は学生に対し看護に必要な知識、技術、態度を修得させ、
あわせて豊かな人間性を養い、
社会に貢献できる專門職業人を育成することを目的とする。


教育目標

  • 看護の対象である人間を、総合的に理解する能力を養う。
  • あらゆる発達段階・健康レベルにある対象のニーズに対応する為、科学的根拠に基づいた安全な看護が実施できる基礎的能力を育成する。
  • 勤労者医療を推進する労災病院の役割機能を理解し、予防からリハビリテーションに至る包括医療に対応できる基礎的能力を育成する。
  • 保健・医療・福祉の各職種の連携を考えた調整能力ならびにリーダーシップ能力を育成する。
  • 専門職業人として自己研鑽に努める姿勢を育成する。
  • 人間尊重の精神、共感的態度、使命感の育成を通して豊かな人間性を形成する。
  • 国際的視野にたって、社会の変化に対応できる看護を考える力を育成する。